自然素材の家は魅力溢れる住宅|知人にHOMEられるホーム

不動産

自然素材のパワー

一軒家

自然素材の家を購入する際に、知っておきたいことがあります。自然素材と言っても様々な種類があるので、メリット・デメリットを踏まえた上で購入し快適な住まいをつくりましょう。

詳しくはコチラ

環境にやさしい家

不動産

二酸化炭素の排出による地球温暖化現象が問題となっています。二酸化炭素排出を抑える住宅を建築することで住宅エコポイントをもらうことができます。自然素材の家も環境に優しいという特長があります。

詳しくはコチラ

自然素材の特長

案内

住宅建材に用いられる自然素材は多種多様です。それぞれによって機能が違いますので、理想とする住宅を建築するために特長を抑えておきましょう。住宅メーカーと話し合って決めるという方法もあります。

詳しくはコチラ

体にやさしい家

自然素材で建てられた住宅とは

一軒家

自然素材で建てられた住宅とはどのようなものかご存知でしょうか。 無垢材や珪藻土、漆喰を使用し、また接着剤や塗料などもできるだけ自然な素材を使用した住宅がそれにあたります。 では自然素材を使用していない住宅とはどのようなものでしょうか。 化学合成接着剤や化学建材を使用した家、具体的にいえばビニールクロスや合板フローリング、化学ボードなどがこれにあたります。残念なことに今の日本では自然素材の住宅よりも、そうでない住宅の方が圧倒的に多いのです。その結果シックハウス症候群を生み出したとも言われています。 自然素材で建てられた家は小さなお子様やシックハウス症候群が気になる方だけでなく、すべての方にとって自然で優しい住宅なのです。

長期的な視点で考えればお得

自然素材の家がいいことは、その特徴を理解していただければ多くの方に分かっていただけると思います。 でも皆様が気になることは自然素材はお金がかかるのではないか、ということではないでしょうか。 はっきり申しまして安価な化学合成接着剤や化学建材をたくさん使用した家に比べれば価格は高くなるでしょう。 コストを重視するあまりこれらの建材は今の日本の多くの住宅に使われてきたのですから。 ですが自然でない家に住み続けた結果シックハウス症候群になってしまうリスクを考えれば自然素材を用いた家に住む方がお得です。健康に勝るものはないのですから。 さらに合成化学接着剤は20年から30年で劣化し、結果的に家の寿命を縮めてしまします。自然素材で建てた住宅は、そうでない住宅よりもはるかに長持ちします。結果的にみれば特になるのです。