自然素材の家は魅力溢れる住宅|知人にHOMEられるホーム

不動産

自然素材の特長

案内

自然素材をと一口に言っても、様々な種類があります。自然素材の家を建てる時は建材選びが大切です。それぞれで違う特長を持っているので、しっかり把握して理想の住宅を建築できるようにしましょう。安価で手軽に用いることが出来る自然素材が杉の木です。杉は細胞の間にある空隙が比較的大きいという特長を持っており、空気中の水分をしっかり吸い取って湿度を下げる効果があります。湿度の高い地域などは杉を使うことで快適な住環境を作ることができます。しかし、他の健在に比べると傷つきやすい傾向があるので、細かな傷を気にする方には向いていません。
杉よりも硬く傷がつきにくいのが檜です。頑丈で水にも強いという特長があるので、水回りにも使用することができます。住宅寿命を縮めるシロアリの被害を受けにくいというのも大きなメリットです。値段は杉よりも高く、調湿効果が低いというデメリットは有りますが、住宅寿命を再優先に考えるのであれば檜が良いでしょう。
欧風テイストの住宅にしたいのであれば、マツ科のパイン材がよいでしょう。ぬくもりがある木目にファンが多い自然素材です。断熱性が高く丈夫なので、住宅の建材としては大変優秀と言えます。価格は比較的安価ですので手が出しやすい自然素材といえるでしょう。
ナラ材と呼ばれる建材は非常に耐水性が高いです。雨が多い地域で、雨漏りなどが心配という方はナラ材を用いると良いでしょう。非常に頑丈なので、傷がつきやすいフローリングなどに使うと良いでしょう。
この様に、様々な自然素材があります。自然素材の家を建てる際には住宅メーカーとしっかり相談してどの自然素材を使用するかを決めましょう。自然素材の家を扱っている住宅メーカーをインターネットなどを使って探しましょう。